広告2

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« マザーボード遍歴を振り返って (ELITE ASUS GIGABYTE等) | トップページ | 小型UPSが大活躍! 買って良かったなぁ。 »

2012年2月 8日 (水)

一部のSN規格エンジンオイルの添加剤使用によるゲル化問題

さて、エンジンオイルや添加剤が好きな方は方々で見聞きしていることかもしれませんが、一部のSN規格エンジンオイルに、特定のエンジンオイル添加剤を入れると、エンジンオイルがゲル化(固まってしまう)するという報告があります

エンジンオイルがゲル化すると、油圧がかからなくなり、正常な循環が行われなくなるので、当然エンジンに悪影響を及ぼし、最悪故障を引き起こします。
原因についてはまだ判明していないようですが、報告の上がっているSN規格エンジンオイルは、ENEOSの100%化学合成油SUSTINA(サスティナ)であるようで、ゲル化を引き起こす相性の悪いエンジンオイル添加剤としては、塩素系の金属表面改質系の添加剤のようです。
具体的に報告が上がっている添加剤は、あの有名なGRPのようです。
添加剤でも、有機モリブデン系や固体系の物は大丈夫のようです。
それ以外でも、塩素系の金属表面改質系の添加剤をSUSTINAへ使用するのは控えた方がいいかもしれません。
また、これはSUSTINAだけに起こる現象なのかも不明ですので、使ったことのないエンジンオイルと添加剤の組み合わせは慎重に行った方が良さそうです。
以下に、実際にゲル化したエンジンオイルの動画を紹介します。

この様な状況が自分の愛車で発生することを考えるとぞっとしますね。
私もエンジンオイルや添加剤が好きなので、いろいろ試すこともあるかと思いますが、慎重に選定して行きたいと思います。
とりあえず、
HONDA純正 ULTRA LEO SN 0w-20
ミリテック-1 、それにSEO-915 Turbo TREAT
WAKO's 4CT-S
ミリテック-1 、それにSEO-915 Turbo TREAT
の組み合わせは、実際に行っていて問題はないので大丈夫です。

さて、そろそろエンジンオイルの交換が近いです。
前にいろいろフィット向けのエンジンオイルを選定しましたが、こういうのを考えると、無難にULTRA LEOを選定するかもしれません。
みなさんからも、このエンジンオイルと添加剤の組み合わせは大丈夫だった等の報告を頂けたら嬉しいです。
今日は一部最新のSN規格エンジンオイルで発生しうる、添加剤との相性問題を紹介してみました。


↑自動車用エンジンオイルの購入は便利な楽天で!

web拍手 by FC2

« マザーボード遍歴を振り返って (ELITE ASUS GIGABYTE等) | トップページ | 小型UPSが大活躍! 買って良かったなぁ。 »

車 バイク」カテゴリの記事

コメント

その動画は岡崎の元気屋って車検屋さんですね、HP見ると真面目な人っぽいですが・・・私に電話する勇気は無い。
GRP社へ私の行ってるクルマ屋から聞いて貰ったら、ゲル化の事実確認は無いとの返事でした。話は聞いた事有るが噂では動きようが無いそうです。なのでみんカラにある不具合メールも嘘のようですね。ゲル化の物質があれば対応も出来るとのことでした。
日石にも聞いて貰いましたが、やはり噂の域をでず、対応出来ないとの事。どっかの添加剤嫌いな人の悪質な嫌がらせ??

(自分でも何か分るかとGRPゲル化での検索でここ見ました、すみません)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一部のSN規格エンジンオイルの添加剤使用によるゲル化問題:

« マザーボード遍歴を振り返って (ELITE ASUS GIGABYTE等) | トップページ | 小型UPSが大活躍! 買って良かったなぁ。 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お買い物は楽天で!

楽天トラベル

アメリカ海軍採用のエンジンオイル添加剤で磨耗防止!

燃焼室を新車の様にクリーンナップ!

車の傷が消えちゃう!?ドイツの傷消し剤!

ココログ

gad